本文へスキップ

受検資格の概要(平成18年度〜)/管工事施工管理技術検定

管工事施工管理技士 講座

管工事施工管理技士合格コースHEADLINE

受検資格の概要(平成18年度〜)

○1級技術検定(建設業法施行令第27条の5第1項等)

学歴等 受検に必要な実務経験年数
指定学科※ 指定学科以外
大学卒業者 卒業後 3年以上 卒業後 4年6月以上
短期大学・高等専門学校卒業者 卒業後 5年以上 卒業後 7年6月以上
高等学校卒業者 卒業後10年以上 卒業後11年6月以上
その他の者 卒業後15年以上
2級技術
検定合格者
合格後5年以上の者 合格後 5年以上
合格後5年
未満の者
高等学校卒業者 卒業後 9年以上 卒業後10年6月以上
その他の者 14年以上

  1.  実務経験年数には、指導監督的実務経験年数1年以上が含まれていなければならない。
  2.  高等学校又は中等教育学校卒業者、2級技術検定合格者及びその他の者の受検要件により1級を受検する者については、指導監督的実務として専任の主任技術者としての実務経験を1年以上を有している者にあっては2年の実務経験年数の短縮を行う。

○2級技術検定(建設業法施行令第27条の5第2項等)

学歴等 受検に必要な実務経験年数
指定学科※ 指定学科以外
学科試験
実地試験
大学卒業者 なし
卒業後1年以上 卒業後1年6月以上
短期大学・高等専門学校卒業者 なし
卒業後2年以上 卒業後3年以上
高等学校卒業者 なし
卒業後3年以上 卒業後4年6月以上
その他の者 8年以上
  1.  指定学科を修めた者は、大学、短大・高等専門学校、高等学校の卒業見込時に学科試験のみを受験することができる。
  2.  指定学科を修めた場合であっても、大学卒業後1年以上、短期大学・高等専門学校卒業後2年以上、高校卒業後3年以上経過した後は、学科試験のみを受検することはできない。

  ※指定学科

検定種目 学科
建設機械施工 土木工学、都市工学、衛生工学、交通工学、電気工学、機械工学又は建築学に関する学科
土木施工管理 土木工学、都市工学、衛生工学、交通工学又は建築学に関する学科
建築施工管理 建築学、土木工学、都市工学、衛生工学、電気工学又は機械工学に関する学科
電気工事施工管理 電気工学、土木工学、都市工学、機械工学又は建築学に関する学科
管工事施工管理 土木工学、都市工学、衛生工学、電気工学、機械工学又は建築学に関する学科
造園施工管理 土木工学、園芸学、林学、都市工学、交通工学又は建築学に関する学科
注:土木工学に関する学科には、農業土木、鉱山土木、森林土木、砂防、治山、緑地又は造園に関する学科を含む。