本文へスキップ

2級受験受講資格/管工事施工管理技術検定

管工事施工管理技士 講座

管工事施工管理技士合格コースHEADLINE

2級受験受講資格

■2級管工事施工管理技術検定学料試験(建築・躯体・仕上げの3種別)

受験種別 

建築施工管理に関する実務経験年数
建築
躯体・仕上げ
3種別
学歴または資格
指定学科
指定学科以外
大学卒業後
なし※
1年以上
1年6カ月以上
短期大学・高等専門学校(5年制)卒業後
なし※
2年以上
3年以上
高等学校卒業後
なし※
3年以上
4年6ヵ月以上
その他の者
8年以上
技能士
実務経験は問いません


指定学科を修めた者は、大学、短大・高等専門学校、高等学校の卒業見込時に学科試験のみを受験することができる。実地試験受験の際は所定の実務経験年数が必要です。
指定学科を修めた場合であっても、大学卒業後1年以上、短期大学・高等専門学校卒業後2年以上、高校卒業後3年以上経過した後は、学科試験のみを受検することはできない。
(2)職業能力開発促進法による技能検定に合格した者受験種別に対応する技能検定職種は次表のとおり。
受験種別
技能検定職種
1級
2級
躯体
鉄工(構造物鉄工作業)

4年
以上
とび
ブロック建築
エーエルシーパネル施工
型枠施工
鉄筋施工(鉄筋組立て作業)
コンクリート圧送施工
仕上げ
建築板金(内外装板金作業)

石材施工(石張り作業)
建築大工
左官
れんが積み
タイル張り
畳製作
防水施工
内装仕上げ施工(フラスチック系床仕上げ工事作業,カーペット床仕上げ工事作業,鋼製下地工事作業,ボード仕上げ工事作業)
スレート施工
熱絶縁施工
カーテンウォール施工
サッシ施工
ガラス施工
表装(璧装作業)
塗装(建築塗装作業)
*昭和61年の改正前の職業能力開発促進法施行令による石工(石張り作業),床仕上げ施工,天井仕上げ施工とするものに合格した者

※ 平成15年度以前に技能検定に合格したものは、実務経験を必要としない。
※ 技能検定職種のあとの()内は選択科目を示す。


■2級管工事施工管理技術検定実地試験(建築・躯体・仕上げの3種別)

2級建築施工管理技術検定学科試験のその年の合格者および前年度の合格者(学科試験と同じ種別に限る)
平成17年度までの建築施工技術者試験合格した者であって平成23年度までに行われる2級建築施工管理技術検定・実地試験を受験しようとする者で建築施工管理に関する所定の実務経験を有する者