本文へスキップ

1級受験受講資格/管工事施工管理技術検定

管工事施工管理技士 講座

管工事施工管理技士合格コースHEADLINE

1級受験受講資格

■1級管工事施工管理技術検定学科試験

学歴または資格
実務経験年数
指定学科
指定学科以外
大学
卒業後3年以上
卒業後4年6カ月以上
短期大学・5年制高等専門学校
卒業後5年以上
卒業後7年6カ月以上
高等学校
卒業後10年以上(※)
卒業後11年6カ月以上(※)
その他
15年以上(※)
2級建築士試験合格者
合格後5年以上
2級建築施工管理技術検定合 格証明書の交付を受けた者
合格後5年以上(※)
2級建築施工管理 技術検定合格証明 書交付後5年未満で右の学歴の者
短期大学・5年制高 等専門学校

卒業後9年以上(※)
高等学校
卒業後9年以上(※)
卒業後10年6カ月以上(※)
その他
14年以上(※)
注1)上記の実務経験年数には,指導監督的実務程験年数1年以上を含むことが必要。
注2)表中で(※)がついている実務経験年数に限っては指導監督的実務経験として「専任の主任技術者を1年以上経験した者」であれば,必要とされる実務経験年数が表中の年数よリ2年短縮される

■1級管工事施工管理技術検定実地試験

1級建築施工管理技術検定学科試験のその年の合格者および前年度の合格者
建築士法による1級建築士試験に合格した者で1級建築施工管理技術検 定学科試験の受験資格を有する者および1級 建築士試験合格者で専修学校専門課程卒業後 1年以上の指導監督的実務経験を含む5年以上の実務経験を有する